==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


インプラント /  障害・克服 /  制度 /  関節症 /  花粉症 /  成長障害 /  不眠 /  レーシック /  血圧の関係の病気 / 

レーシック 治療



レーシック 治療

近視や遠視の原因は、目に入ってくる光の屈折が適切でないために起こります。
光の屈折が適切でないために、映像の焦点が合わなくなるためにピントが合わない状態となるわけです。
そこで、この光の屈折を正しく修正することが視力回復の第一歩となります。
メガネやコンタクトの場合、レンズを使って光の屈折率を変えて目の焦点を合わせるわけですが、レーシックでは、レーザーによって眼の角膜の形を変えて焦点を合わせます。
そのためにレーシック治療はレーザー光線を使い眼の角膜の形を変えて、焦点を合わせ視力を回復させる手術です。
このレーシック治療の一般的な手術方法には幾つかの種類があります。
レーシックに比べて薄くフラップが作れるため、角膜の厚みによりレーシックが適用外となった人でも視力矯正できる特徴があります。
しかし、術後2・3日は目の痛みがあり、視力が回復するまでに1〜2週間時間を要するのが欠点です。
◆イントラレーシックフラップをイントラレースFSレーザーで作成する最先端のレーシック治療です。
フラップの作成をコンピュータ制御によって行うので、従来のレーシック(マイクロケラトーム)ではフラップの作成が難しかった方でも手術を実施することができる利点があります。
◆CR-レーシック感染症予防のためにクリーンルームで手術が行われるレーシックです。
(神奈川クリニック眼科が実施)クリーンルームで手術を行うメリットとしては、「感染症の発生を抑える」「安定したレーザー照射ができる」といった利点があります。
◆PRKフラップ(角膜の保護膜)を作成しないため、角膜が薄い方や格闘技等のハードなスポーツをされる方に向いているとされています。
現在は新しいレーシック技術が増えてきているため実施数は減っています。


posted by 病気撃退隊員 at 11:36 | レーシック